読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっホイブログ

お父さん感涙!おっさんがホイホイ集まるブログ。略して「おっホイブログ」

ベタ(闘魚)を闘わせてみたかった

遊び

僕らが中学生の頃にみんな飼ってたベタ。

思いのほか安くて、簡単に飼えるので人気があった。

コップで飼えるという触れ込みだった。

ベタ トラディショナル オス 青系(約5cm)<1匹>[生体]

「ベタ」というより「闘魚」の名に惹かれる年代

なぜ僕らがこの「ベタ」という魚に惹かれたのか

それはこの魚の別名「闘魚」にあった。

このベタを2匹同じ所にいれると闘うという習性。

縄張り意識の強いこの魚はどちらかが死ぬまで闘うらしい。

しかもコップや瓶で飼えるし、安い。

で、当時はみんな飼ってました。

いざ、決闘へ

みんな買ったばかりで、すぐ闘わせてしまうのもちょっと・・・。

そんなわけで、それぞれ家で強くなるような特訓をするわけです。

特訓といっても、バカな僕らはベタの入ったコップを揺らしてみたり、

水面をたたいてみたり、意味のないことばかりをやっていました。

友達らと、いざ決闘ということになり、日にちも段取りも決めて

その決戦日まで特訓は続くわけですが、

そのころには少し愛着なんかもわいてきていて、

決闘させるのもなんかなー、と思ったりしてました。

そして決戦日、僕らは大きな問題に直面するのです。

「負けてボロボロになったベタをどうするのか?」

どのようにボロボロになるのかわかりませんが

それをどう処理するのか・・・。

「やめとこか」

「せやな」

その後、闘うといった大きな目標を失ったベタと僕らは

数か月間共に暮らし、

ある者は「朝起きたらコップから出てて死んでた」

ある者は「猫にやられた」

ある者は「自然に帰した」

そうやって、闘わずしてベタは僕らの前から去っていきました。

ベタ クラウンテール オス (色おまかせ)(約5cm)<1匹>[生体]

ベタ クラウンテール オス (色おまかせ)(約5cm)<1匹>[生体]

 
 ▼こんなことして遊んだね

広告を非表示にする