読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっホイブログ

お父さん感涙!おっさんがホイホイ集まるブログ。略して「おっホイブログ」

「ステファン・エドベリ」のサーブ&ボレー

松岡修造から

私が高校生くらいの頃、

何かの雑誌で初めてみた「松岡修造」

真っ黒に日に焼けたその男は、

必死の形相でボールを追っている。

男ながら「かっこいい」と思いました。

当時はまだ今のようなイメージは付いていなく

将来を期待された、若いテニス選手でした。

そのあたりからテニスに興味を持ち始め

テレビで観戦するようになりました。

ステファン・エドベリ

さまざまなテニスの試合を見ていると

いわゆる「イケメン」で

「サーブ&ボレー」というスタイリッシュな戦い方をする

選手を見つけました。

彼が「ステファン・エドベリ(エドバーグ)」でした。

f:id:koreiina_46:20150906192659j:plain

サーブすると同時にネット際に詰める、

しかもクールな顔つきで。

これがかっこいいいのなんのって。

ソフトリーゼントの金髪、

かっこいいデザインのテニスウェア、

機能性とファッション性を備えたアディダスのシューズ(買いました)

blogs.yahoo.co.jp

ウィルソンのステンシルマークの入ったラケット、

どれもがかっこよかった。

 

野球部だった私は、外国人といえば

「クロマティ」や「バース」「ポンセ」など

あまりかっこいいイメージはなかったのですが

やっぱり「エドバーグ」はかっこよかったですね~。

 

当時のテニス選手も個性的な選手が多く

徹底的なストロークプレーヤーの「イワン・レンドル」

200キロを超える剛速球サーブの「ボリス・ベッカー」

とにかく拾いまくる「マイケル・チャン」(錦織のコーチ)

やたらおしゃれな「アンドレ・アガシ」

悪童「ジョン・マッケンロー」

などなどがしのぎを削っていました。

そんな中に日本人の「松岡修造」が試合するなんて

当時の男子テニス界では信じられない凄いことでした。

女子も凄かった

一方、女子テニスもおもしろくて、

難攻不落の女王だった「マルチナ・ナブラチロワ」に

男子顔負けのフォアを打つ「シュテフィ・グラフ」が台頭、

美人の「ガブリエラ・サバティーニ」も人気に、

よく夜更かししてテニスを見ていました。

ファミテニ

テニスを見終わると、すぐこれをやってました。

ファミリーテニス

ファミリーテニス

 

 


ファミリーテニス - YouTube

 

懐かしい・・・。

 

▼「懐かしのゲーム」関連記事

koreiina.hatenablog.com

koreiina.hatenablog.com

 

広告を非表示にする