読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっホイブログ

お父さん感涙!おっさんがホイホイ集まるブログ。略して「おっホイブログ」

大甲子園

夢のオールスター

夏の高校野球も盛り上がっていますが

僕らが少年時代にかなり盛り上がったマンガがありました。

それは

「大甲子園」

大甲子園 (1) (少年チャンピオン・コミックス)

これは漫画家、水島新司さんの集大成のような大作でした。

水島新司さんの野球マンガ

僕は野球部で、やはり野球マンガが好きでした。

中でも、野球マンガの王道、「ドカベン」は当時から大人気でした。

ドカベン (1) (少年チャンピオン・コミックス)

水島新司さんは他にも野球マンガをいろいろと描かれており

球道くん

球道くん (Volume 1) (小学館文庫)

一球さん

一球さん (1) (小学館文庫)

ダントツ

ダントツ 3 (少年チャンピオン・コミックス)

男どアホウ甲子園

男どアホウ甲子園 (1) (秋田文庫)

野球狂の詩

野球狂の詩 (1) (講談社漫画文庫)

 

これら水島作品が、まさに夏の甲子園で激突

一応、メインはドカベンの明訓高校なのですが

まあ、これがすごいこと。

この「大甲子園」の中からもオリジナルのキャラクターが

出てきて、それは激しい熱戦を繰り広げるのです。

明訓高校の初戦の相手は高知県代表の室戸学習塾高校。

このチームのピッチャーが犬飼君といって

独特のフォームで投げるのです。

いや~、まねしましたね~。

左のサイドスローで、いわゆるクロスステップで投げるのです。

知的な投手、犬飼君はなかなかかっこよかったです。

この「大甲子園」はさまざまな伏線があったりして

いまさらながらびっくりするものもあります。

先ほどの室戸学習塾の監督は、元明訓高校の監督だったり、

犬飼君の二人の兄は

明訓高校の最大のライバル高であった土佐丸高校であったり、

水島新司ファンならたまらない設定がふんだんに盛り込まれていました。

 

そして、高校最後の夏の甲子園、ドカベンこと山田太郎率いる明訓高校は

どうなるのか!里中は、岩鬼は、殿馬は、真紅の優勝旗のゆくえは?

大甲子園 (26) (少年チャンピオン・コミックス)

汗まみれ、砂まみれで白球を追っていたあの日が思い出されます。

広告を非表示にする